rjm of the sun

J.archangelと真黒猫が作る童話、怪奇数奇譚、季節のお話など、子どもから大人まで楽しめる物語りをお届けします。

童話ー風吹きの子ー

どこからか遠くの空の上では、小さな子どもが口をとんがらせて風を吹いていました。


もうすぐ春だというのに、暖かい風は小さいままです。


隣では、厚手のコートにマフラーを巻いたおじさんが、パイプを片手にふーっと息を吐きました。


煙のようにふわーっと広がると、地面の上では冷たい風に変わりました。


「ねー、おじさんは、どうやってそんなに上手に風を起こせるの?」と、子どもが訊ねます。


「さぁ。もう風を吹いて、何十年にもなるからねぇ。」と、おじさんはパイプを揺らしながら言いました。


小さな子どもは、おじさんの持っているパイプを見つめながら、何も持っていない手を後ろポケットに入れました。


子どもとおじさんのいる場所は、冷たい風も無く、でも特別暖かな風が吹くわけではありませんでした。


ですが、地上の風はこちらから暖かいのと冷たいのとを送らなければいけません。


冷たい風が吹けば、水は冷たく美味しくなり、果実は栄養を蓄えます。山の木々は寒さに耐えるために丈夫になり、いくつかは葉の色を変え化粧します。動物たちは寒い季節を肌で感じ、夜は身を寄せ合って心を温かに過ごします。


それでも、いつまでも寒いままでは大変です。


いつまでも冬でいては、全ての水はいつか凍ることでしょう。海さえも、氷の陸となるかもしれません。草花は、せっかくの種を冷たい土の上には落とせません。動物たちは、次第に寒さに耐えることに疲れてしまいます。


だから、暖かい風を送らなければいけません。


暖かい風は氷を溶かし、緑を増やし、花は咲き、動物たちは春の大地を喜び駆けていきます。


どれだけ喜び与えるもので、それがどれだけ大切なことか、小さな子どもにも分かっていました。


「おじさん、教えて欲しいんだ。どうやったら上手く風を吹けるのかな?そのパイプを使ったら、僕でも沢山の暖かい風を吹ける?」


「これは大人のものだから、君には貸せないけれど何か代わりになるものを、作ってみたらどうだい?」


大人のもの、と言われた子どもは、なんだい、という不満そうな顔をしたので、おじさんは手を叩いてそう言いました。


「作る?パイプの代わりが作れるの?」


子どもは、目を輝かせて言います。


「あそこに、沢山大きな葉のなっている木があるだろう。昔はあれで笛を作って、風を吹いたものだ。」


「笛だって?笛を作ったら、上手く風を吹くことができるの?それ、本当?」


「何事も挑戦だよ、君。」


おじさんはそう言うと、パイプを揺らしながら小さく風を吹き、地上を見下ろし始めました。

おじさんが風を吹かなければいいのになぁ、と子どもは思いましたが、風が吹かなくなれば、それはそれでまた別の大変なことが起きるのだと自分に言い聞かせました。


この別の大変なことというのは何か、ぜひ想像してみて下さい。


え?難しい?


いえいえ、何事も挑戦だそうですから。

季節の旅紀行ー壮大で浅いー


今冬の寒さの中、仄かに春の暖かさを感じた。

そう、それはサッと開けた窓から、ふんわりとやって来たのだ。

昨日までのどんよりとした天気が、まるで嘘であるかの様に、空には雲ひとつない。
久しぶりに臨んだ快晴、何となく嬉しい気持ちにさせられた。

この前気になって、なんとなく買ってみた紅茶。
華やかなティーカップで淹れてみる。
こちらも、ふわりと甘い春の香りがする。

今日は天気もいいし、何をしようかな?
結局、大したことはしないんだけどね。
天気がいいというだけで、こんなに ヤル気が出るなんて、折角だから何かしたいと思うもの。

それでは、空を見上げて、スゥ~ッと深呼吸。
深~く吸って、しっかりと吐いて~。
有りそうで無さそうな、目には見えない大きな翼を空いっぱいに拡げてみる。
きっと、このまま陽射しに当たっていれば、翼は更に拡がって地球をも包み込むだろう。


きっとお天道様も顔負けの美しさだ。



短歌ー冬ー


霜柱   

寒さ募りし  

冬の朝

見上げた空に  

絹かかるかな





風寒し

巻いたマフラー

吹き流し

思慕の念は

夏の最中か




鍋料理

寒さ凌いで

勝ち誇り

旬過ぎては

寂しきこと也



読者登録
LINE読者登録QRコード
ギャラリー
ツギクルバナー
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ